上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ただいま絶賛翻訳中の文献で海外のスタートレックのファンに関する
90年代の研究についての言及があった。

 カミーユ・ベーコン・スミスという人によるとスタートレックの
二次創作は4つに分類できるとのこと。

①Mary-Sue=名前の由来は、15歳という若さでエンタープライズ号に搭乗して、
超人的な活躍をして、尊敬を集めて死んでしまう二次小説のキャラクター。
転じてそういうキャラクターが登場する二次小説。

②Lay-Spock=スポックがナース・チャペルという女性と恋愛関係になる二次小説。

③K/S or Slach=カークとスポックがホモセクシャルな関係になる二次小説。

④Hurt/Comfort=よくわからないが、キャラクター同士の熱い友情のようなものを
描いた作品かな?



 なんのことはない。日本のオタク文化と大して変わらないという話。

①は俗な言い方をすれば厨二病
②はノーマルカップリング。
③はやおい
④はなんだろ?


 というか、こういう下地があったから、日本のアニメやマンガがアメリカで
受け入れられたのだろうか?あ、でも①に当たるものは日本では見当たらないかな。
俗にいう厨二病的なキャラクターの考案はあるとしたら、オリジナルになりそうだし。
スポンサーサイト
2010.07.19 Mon l 社会学 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。