上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
・どうも、なかなか忙しく更新ができませんね。児童ポルノ規制法案関連や、今後も随時議論されていくであろう、メディア規制関連の事項について自分の意見をまとめたいとは思っているのですが、どうにもなかなか・・・。
 間違いなく言えることは、この手の問題に決着がつくことは多分なく、マンガやアニメを含む表現の自由を守っていきたいのであれば、常に自分の意見を発信していかなければいけないということでしょうか。選挙とか、ロビー活動とかで。



・それは、ともかく日本マス・コミュニケーション学会が発行する学会誌『マス・コミュニケーション研究』に論文が掲載されましたので、告知いたします。タイトルは

『週刊少年ジャンプという時代経験 ――解釈枠組みとしてのマスター・ナラティブ』

です。興味をもたれました方は、ご一読いただければ幸いです。

スポンサーサイト
2009.08.07 Fri l 社会学 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://nitijoudaigakuin.blog4.fc2.com/tb.php/7-b946adcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。